メリットを知り信用取引で成功しよう

持っている額以上に取引ができる


信用取引の最大の特徴が、証券会社からお金を借りて取引を行えるという点です。通常の株取引の場合、自分が持っている額のみで株を購入することになります。しかし信用取引は、証券会社から信用を得て取引をするため、お金を借りられます。自分の持っている額の3倍になるようにお金を借りたとしたら、儲けも3倍になるチャンスがあります。
もちろん証券会社も、誰でも信用してお金を貸すというわけではありません。信用取引を行うためには、ある程度の株売買の実績が求められます。この人になら安心してお金を貸して大丈夫だと判断されて初めて、お金を借りられるようになるのです。
持っている額以上の取引がしたいと考えているのであれば、そのメリットを得るためにも、経験を積むことが最初の一歩です。


株価が下がっても儲けるチャンスがある信用取引


信用取引と通常の株取引の違いとして、株価が下がっても稼げる点が挙げられます。通常の株取引の場合、安い時に株を購入して、株価が上がったら売ることにより、その差額で儲けることになります。当然、通常の株取引で儲けられるのは、株価が上がった時のみで、下がった時には損をします。一方で信用取引の場合、株を証券会社から借りることができます。借りた株を売って、株価が下がったタイミングで株を買い戻します。そして、買い戻した株を、証券会社に返します。1万円で株を売って、株価が8000円まで下がったタイミングで買い戻し、証券会社に株を返した場合、差額の2000円分が自分の儲けになります。このように株価が下がったタイミングでも稼げるチャンスがある方法を、空売りと呼びます。

信用取引とは、自身を信用してもらい資金や株式を担保に証券会社からお金を借りて持っている資産以上に株式投資を行うことで、持っているお金以上の取引が出来たり、株価下落時も利益が出せるメリットがあります。