株式投資の信用取引とは

信用買いと信用売りについて


信用取引には、信用買いと信用売りがあります。どちらも自分の元手の何倍もの資金を使って株取引ができる仕組みです。
信用買いは、証券会社から資金を借りて、株式を購入します。その株式が値上がりした段階で売れば、借りた資金との差額が利益になります。これはわかりやすいですね。
一方で、信用売りの場合は、証券会社から借りるのは株式です。株式を借りるのだから、返すのも株式です。
借りた株式は売却します。そして、同じ株式が値下がりした段階で、買い戻します。売った値段よりも買った値段の方が安くなります。安く買った株式を返済するので、売った金額との差額が利益になります。これが空売りといって、株価が下がれば下がるほど利益が出る仕組みです。


信用取引のリスクはたいへん大きくなります


信用取引は、資金や株式を借りるのですから、証券会社から信用を得る必要があります。一定の担保を差し入れることで、元手の約3倍の取引ができるようになります。
注意しなければいけないのは、元手よりも何倍もの大きな資金を扱っているということです。利益が何倍にもなることもあるでしょうが、逆に損をしたときにも何倍にもなるのです。
そしてし、手数料や金利がかかることを忘れてはいけません。また返済期限が決まっているものがほとんどです。期限がきたのに返済できないということになれば破算ということも考えられます。
信用取引はリスクがたいへん大きいということを頭に入れておく必要があります。必ずしも資金のすべてを使って取引をする必要はありません。余裕をもった運用が大切です。

信用取引を行っている方が結構いるかと思われます。信用取引の金利は結構高いので、金利が安い証券会社を選ぶようにしてください。